【ゲーム紹介】ヴァンパイアクイーン

ホヌゲームズで販売予定のヴァンパイアクイーンについてご紹介します!

f:id:HonuGames:20211224163116j:plain

2016年に最初に発売された大富豪系のカードゲームです。

作者はWolfgang Kramer

今回紹介するのはplayte×POPCORN GAMES版です。

 

【内容物】

・1〜13の数字が書かれたカードが8枚ずつ

・ヴァンパイアスレイヤー×2枚

・ヴァンパイアクイーン×4枚

f:id:HonuGames:20211224164434j:plain

【遊び方】

プレイや人数によって決められた枚数のカードを各プレイヤーに配ります。

時計回りで手札のカードを出すのですが、スタートプレイヤー任意のカードを任意の枚数出すことができます。しかし、複数枚出す場合は、全て同じ数字でなければなりません。

以降のプレイヤーは、直前で出されたカードよりも大きい数字のカードを同じ枚数出すか、パスします。

例えば、スタートプレイヤーが3を3枚出したなら、次のプレイヤーは3よりも大きい数字を3枚出すかパスします。5を3枚出したプレイヤーがいたので、さらにそれ以降のプレイヤーは5よりも大きい数字のカードを3枚出すかパスします。下の写真では4人でプレイしています。

f:id:HonuGames:20211224164806j:plain


これを全員がカードを出すまたはパスを1回ずつ行ったら1ラウンド終了です。出されたカードを全て捨て札にします。

次のラウンドでは、直前のラウンドで最も大きい数字のカードを出したプレイヤーがスタートプレイヤーとなりカードを出します。

これを繰り返して、1人以上のプレイヤーの手札がなくなるラウンドでゲーム終了です。

 

【特殊なカード】

・ヴァンパイアクイーン

f:id:HonuGames:20211224165528j:plain

このカードはジョーカーです。

任意の数字のカードとして扱います。

ヴァンパイアクイーンのみで出した場合は、14として扱います。

 

・ヴァンパイアスレイヤー

f:id:HonuGames:20211224165715j:plain

このカードはスタートプレイヤーしか出すことができません。

このカードが出されたラウンドではルールが変わります。

以降のプレイヤーは、任意のカードを1枚だけ出します。直前のプレイヤーよりも大きい数字を出す必要はありません。また、パスすることはできません。

全員がカードを出し終わったら、最も大きい数字のカードを出したプレイヤーが今回出されたカードを全て引き取って手札に加えます。

 

【ゲームの終了】

ゲームが終了したら、手札に残ってしまったカードの数字がマイナス点となります。ヴァンパイアクイーンは-14点、ヴァンパイアスレイヤーは-15になるものと-20点になるものがあります。

これを5ゲーム行い、最もマイナス点が少ないプレイヤーが勝者です。

 

 

大富豪に似ていて、シンプルなルールなので遊びやすいです。

ヴァンパイアスレイヤーが出されたときはヒヤヒヤするでしょう。

 

2021年12月25日 21時〜にホヌゲームズにて販売予定です!

また、いくつかの取り扱い店舗様でも、12月26日以降にゲームが入荷次第販売致します。

2420円(税込)